BMW mini(ミニ クーパー)|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| スポンサーサイト|BMW mini(ミニ クーパー)|

メール登録(無料)だけであなたの欲しい中古車をあなたの買いたい価格で探します。神奈川県の綾瀬市、海老名市、厚木市、大和市、藤沢市を中心に店舗型中古車オークション代行として営業しています。自動車修理 自動車板金 自動車事故相談 自動車車検費用 自動車保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許

神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| BMW mini(ミニ クーパー)|スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス|BMW mini(ミニ クーパー)|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| BMW mini(ミニ クーパー)|BMW mini(ミニ クーパー)|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 神奈川県 綾瀬市 厚木市 大和市 藤沢市 東京都 文京区 渋谷区 新宿区 さがみ野 かしわ台 柏ヶ谷 瀬谷 横須賀市 海老名市  自動車修理 事故相談 車検費用 保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許 神奈川県海老名市 神奈川県横須賀市 神奈川県綾瀬市 日産中古車 三菱自動車 トヨタ中古車 ホンダ中古車オークション代行 神奈川県厚木市 三菱 トヨタ中古車 日産中古車 ホンダ中古車 自動車オークション代行 神奈川県大和市 日産中古車 トヨタ中古車 三菱 ホンダ自動車  中古車オークション代行 神奈川県座間市 トヨタ中古車 日産 自動車 中古車 ホンダ中古車 三菱 オークション代行 神奈川県藤沢市 トヨタ自動車、中古車 ホンダ中古車 三菱 日産中古車オークション代行 神奈川県 横浜市 トヨタ自動車、三菱 ホンダ 神奈川県藤沢市長後  自動車三菱 トヨタ ホンダ自動車、 東京都文京区 トヨタ自動車、三菱、自動車ホンダ 東京都墨田区 三菱自動車ホンダ トヨタ自動車、 東京都渋谷区 自動車トヨタ ホンダ自動車、三菱 東京都港北区 三菱 ホンダ自動車 東京都港南区 ホンダ自動車、三菱トヨタ自動車、 東京都新宿区 ホンダ自動車、トヨタ自動車、三菱

携帯での閲覧はこちら

中古車探偵アドバンスホーム

中古車探偵アドバンス中古車を探す

  中古車売買

  中古車探偵アドバンス

  会社概要

  中古車相場情報検索

  地域情報

  RSSリンクの表示

中古車高価買取

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ○ スポンサーサイトの中古車価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの買取価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »スポンサー広告»人気車ランキング »スポンサーサイト

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
スポンサーサイト中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

BMW mini(ミニ クーパー)

中古車探偵アドバンス 情報検索ディーラー販売BMW mini ミニクーパー
世界最大の高級車メーカーBMW

BMWはオックスフォード近郊にある、旧ローバーのカウリー工場を本社とするBMW生産子会社、「BMW (UK) Manufacturing Ltd」を新たに設立し、オックスフォード工場として2001年4月から、新型MINI(ミニクーパー)の生産を開始した。

2007年時点でのBMWグループは、傘下のブランドとして、BMWロールス・ロイスMINI(ミニクーパー)を展開し、3ブランドいずれもが『プレミアム(Premium - and nothing else)』と位置づけられ、MINI(ミニクーパー)はグループの狙うプレミアムのスモールを担う車として位置づけられている。

MINI(ミニクーパー)2代目(2006年-)R55/56の特徴

2006年のモンディアル・ド・ロトモビルで発表。ハッチバックは2代目に移行したが、コンバーチブルは初代が継続して生産されている。

MINI(ミニクーパー)のボディー構造は、初めての小型FF車ということで、気負いの見られた先代とは異なり、こなれた部分も見られ、開発、製造コストも低減されたと言う。

オリジナルMINI(ミニクーパー)同様、「変わらない良さ」が基本コンセプトとなっており、外観は、先代MINI(ミニクーパー)との区別が難しいほど類似しており、「変えないこと」に対する意思が強く現れている。ボディーサイズは、前後左右に20mmほど大きくなった。

ヘッドランプ一式が取り付けられた、重く生産コストのかかるエンジンフードは姿を消し、ランプは車体側に固定された。そのためフードの開閉も軽くなった。燃費、省資源や安全に関する面は、相応の改良が成され、確実に進化しているが、残念ながらR53 COOPER Sと比べ新型COOPER Sの車重は30kg増量し1210kgとなった。

エンジンはBMWとフランスのPSAグループとの共同開発による新型エンジン(コードネーム:Prince)シリーズを搭載。最初はバルブトロニック技術を採用した直列4気筒DOHC1600cc(最高出力120ps)エンジンを搭載する「クーパー」と、通常のバルブ機構を備えた直列4気筒1600ccツインスクロール直噴ターボチャージャー(最高出力175ps)の「ミニクーパーS」が発売され、2007年には直列4気筒1400cc(最高出力95ps)搭載の「ワン」と直列4気筒1600ccターボディーゼル(最高出力110ps)搭載の「ミニクーパーD」も追加された。これにより、ディーゼルエンジンに関するトヨタとの提携関係は解消された。

トランスミッションはゲトラグ製6速MTと、パドルシフト付きのアイシン精機製6速ATが用意され、油圧制御式湿式多板クラッチの制御問題から評判が良くなかったCVTは廃止された。

発売は、まず、「ミニクーパー」と「ミニクーパーS」が英国及びドイツで11月に発売開始、日本での発売は2007年2月24日となった。

2007年4月より、英国を皮切りにベーシックモデルの「ワン」と、「ミニクーパーD」が発売になったが、日本には「ワン」のみが導入されている。

BMW MINI(ミニクーパー)としては初めてとなる、エステートボディーの追加が決定され、2007年7月29から写真と動画が配信されている。BMW MINI第三のボディータイプとなるこのエステートは、またもや往年のシリーズ名から、「クラブマン」と名づけられた。

2005年のフランクフルトシショー(IAA)で発表されたコンセプトカーのスタイルを踏襲しており、最大の特徴は、ホイールベースの延長と、「アシメトリック・クラブドア」と呼ばれる、左右非対称ドアの採用である。
また、リアコンビランプを囲む部分は、バックドアのヒンジを兼ねており、ドアをあけた場合もランプ類は車体側に残る構造で、被視認性を確保したうえで、ヘッドランプとエンジンフードの関係を反復する「遊び」も見せている。

日本でのクラブマンの予約受付は2007年10月25日に開始され、「ミニクーパー」「ミニクーパーS」の2グレードの展開となる。納車は2008年3月2日(ミニの日)に開始された。



  ○ BMW mini(ミニ クーパー)の中古車価格のお問い合せ
  ○ BMW mini(ミニ クーパー)の買取価格のお問い合せ
  ○ BMW mini(ミニ クーパー)の修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »BMW mini(ミニクーパー)自動車 中古車情報検索»人気車ランキング »BMW mini(ミニ クーパー)

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
BMW mini(ミニ クーパー)中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

トラックバック

http://advance666.blog73.fc2.com/tb.php/13-df0f23e2

-->

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。