ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| スポンサーサイト|ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型|

メール登録(無料)だけであなたの欲しい中古車をあなたの買いたい価格で探します。神奈川県の綾瀬市、海老名市、厚木市、大和市、藤沢市を中心に店舗型中古車オークション代行として営業しています。自動車修理 自動車板金 自動車事故相談 自動車車検費用 自動車保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許

神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型|スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス|ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型|ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 神奈川県 綾瀬市 厚木市 大和市 藤沢市 東京都 文京区 渋谷区 新宿区 さがみ野 かしわ台 柏ヶ谷 瀬谷 横須賀市 海老名市  自動車修理 事故相談 車検費用 保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許 神奈川県海老名市 神奈川県横須賀市 神奈川県綾瀬市 日産中古車 三菱自動車 トヨタ中古車 ホンダ中古車オークション代行 神奈川県厚木市 三菱 トヨタ中古車 日産中古車 ホンダ中古車 自動車オークション代行 神奈川県大和市 日産中古車 トヨタ中古車 三菱 ホンダ自動車  中古車オークション代行 神奈川県座間市 トヨタ中古車 日産 自動車 中古車 ホンダ中古車 三菱 オークション代行 神奈川県藤沢市 トヨタ自動車、中古車 ホンダ中古車 三菱 日産中古車オークション代行 神奈川県 横浜市 トヨタ自動車、三菱 ホンダ 神奈川県藤沢市長後  自動車三菱 トヨタ ホンダ自動車、 東京都文京区 トヨタ自動車、三菱、自動車ホンダ 東京都墨田区 三菱自動車ホンダ トヨタ自動車、 東京都渋谷区 自動車トヨタ ホンダ自動車、三菱 東京都港北区 三菱 ホンダ自動車 東京都港南区 ホンダ自動車、三菱トヨタ自動車、 東京都新宿区 ホンダ自動車、トヨタ自動車、三菱

携帯での閲覧はこちら

中古車探偵アドバンスホーム

中古車探偵アドバンス中古車を探す

  中古車売買

  中古車探偵アドバンス

  会社概要

  中古車相場情報検索

  地域情報

  RSSリンクの表示

中古車高価買取

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ○ スポンサーサイトの中古車価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの買取価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »スポンサー広告»人気車ランキング »スポンサーサイト

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
スポンサーサイト中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型

中古車 情報 検索 honda ホンダ インサント
ホンダ・インサイト(2代目(2009年- ZE2型)


売れなかった初代インサイトを反省し、コストダウンのため初代インサイトのアルミフレームボディを採用せず、既存のフィットなどのコンポーネントをベースに極限まで軽量化を施した。同社他機種と部品をおよそ1万点共通化し、ニッケル水素バッテリーは初代の11本に対し、性能を向上させた結果7本までに削減するなど徹底した効率化を図った。その結果、価格は北米市場でベースモデルで2万ドル、日本市場でベースグレードとなる「インサイトG」はオーディオ・レスながら車体価格180万円(消費税込189万円)で発売された。

インサント過去の中古車相場情報


インサントの歴史


2007年7月18日 年央社長会見で新型ハイブリッド専用車を2009年に発売すると発表。

2008年9月4日  新型ハイブリッド専用車の車名が「インサイト」で、そのコンセプトモデルをパリモーターショー(10月2日から10月19日)に展示すると発表。

2代目インサイトを示唆した。ハッチバックの形状やリアのエクストラウィンドウは先代と共通だが、5人乗り5ドアであることやリアホイールスカートが無いなどの点が異なる。当初、別の車名を付ける予定であったが、北米や欧州の現地法人の意見や現地での「インサイト」という言葉から受けるイメージを考慮し、「インサイト」とした。

2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、インサイトは「グリーンマシーン1号」である。Honda Green Machine Special Siteには、筧昌也が監督したショートムービーが公開されている。

2008年12月11日から12月13日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されたエコプロダクツ2008に出展され、2008年12月22日から2009年1月19日までホンダ本社で行なわれるHonda Green Machine企画展には、CR-Z コンセプトやFCXクラリティと共に展示された。

2008年12月19日、発売に向けティザーサイトがオープンした。

2009年1月11日から開催された「2009年北米国際自動車ショー」では、市販仕様が世界初公開された。

2月5日発表。翌2月6日発売。 2代目では実用燃費の向上を目指し、エコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム)が全車に標準装備されている。これは、既に初代インサイトや4代目オデッセイ等で採用されているECONモード(エンジンやエアコンの燃費優先運転を行う。インサイトではこれに減速時の回生充電量を増加する機能を追加)に加え、アクセルやブレーキの操作でスピードメータの背景色であるアンビエントメーターの色が変化し、リアルタイムに燃料消費状況を意識させることで低燃費運転に寄与する「コーチング機能」と、メーター内のマルチインフォメーション・ディスプレイ画面内で燃費運転をリアルタイムで採点し、リーフのアイコンでその日のエコドライブ度やその日までの累計のステージ表示を知らせる「ティーチング機能」を備えている。この「ティーチング機能」は、オプションの「Honda HDDインターナビシステム」と組み合わせることで、より詳しい情報を知ることもできる。さらに、信号などで停車する時にアイドリングを自動で停止する「オートアイドルストップ」も装備されている。

搭載されるエンジンは、LDA型 1,339cc 直列4気筒 SOHC i-VTEC i-DSIエンジンで、シビックハイブリッドと同型式であるが、i-VTECは可変シリンダーシステム(VCM)としてのみ機能する。VCMにより全気筒を休止させ、2代目シビックハイブリッドと同様に、モーターのみによる走行も多少可能になった。組み合されるトランスミッションは、初代とは異なりCVTのみである。アメリカのPAPZEVの条件を満たすためにはモーター出力が10kW以上でなければならないために、バッテリは7本で電圧は100.8Vとされている。

同年3月24日より、インサイトは北米地域でも発売を開始すると発表された。価格は19,800ドルからとなる。

同年5月11日に発表された2009年4月度のインサイト登録車販売台数が2月と3月の合計台数を上回る10,481台となり、主力車種であるフィットを抜き、ハイブリッド車では初の首位を獲得した。ちなみに、フィットも同月で2位をつけたため、登録車販売台数の1位と2位をホンダ車が独占したのも初めてのことである。

インサント過去の中古車相場情報



  ○ ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型の中古車価格のお問い合せ
  ○ ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型の買取価格のお問い合せ
  ○ ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型の修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »ホンダ honda自動車 インサント 中古車情報検索»人気車ランキング »ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
ホンダ(HONDA) インサイト ZE2型中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

トラックバック

http://advance666.blog73.fc2.com/tb.php/70-25d375fe

-->

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。