日産 マーチ K10型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| スポンサーサイト|日産 マーチ K10型|

メール登録(無料)だけであなたの欲しい中古車をあなたの買いたい価格で探します。神奈川県の綾瀬市、海老名市、厚木市、大和市、藤沢市を中心に店舗型中古車オークション代行として営業しています。自動車修理 自動車板金 自動車事故相談 自動車車検費用 自動車保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許

神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 日産 マーチ K10型|スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス|日産 マーチ K10型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 日産 マーチ K10型|日産 マーチ K10型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 神奈川県 綾瀬市 厚木市 大和市 藤沢市 東京都 文京区 渋谷区 新宿区 さがみ野 かしわ台 柏ヶ谷 瀬谷 横須賀市 海老名市  自動車修理 事故相談 車検費用 保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許 神奈川県海老名市 神奈川県横須賀市 神奈川県綾瀬市 日産中古車 三菱自動車 トヨタ中古車 ホンダ中古車オークション代行 神奈川県厚木市 三菱 トヨタ中古車 日産中古車 ホンダ中古車 自動車オークション代行 神奈川県大和市 日産中古車 トヨタ中古車 三菱 ホンダ自動車  中古車オークション代行 神奈川県座間市 トヨタ中古車 日産 自動車 中古車 ホンダ中古車 三菱 オークション代行 神奈川県藤沢市 トヨタ自動車、中古車 ホンダ中古車 三菱 日産中古車オークション代行 神奈川県 横浜市 トヨタ自動車、三菱 ホンダ 神奈川県藤沢市長後  自動車三菱 トヨタ ホンダ自動車、 東京都文京区 トヨタ自動車、三菱、自動車ホンダ 東京都墨田区 三菱自動車ホンダ トヨタ自動車、 東京都渋谷区 自動車トヨタ ホンダ自動車、三菱 東京都港北区 三菱 ホンダ自動車 東京都港南区 ホンダ自動車、三菱トヨタ自動車、 東京都新宿区 ホンダ自動車、トヨタ自動車、三菱

携帯での閲覧はこちら

中古車探偵アドバンスホーム

中古車探偵アドバンス中古車を探す

  中古車売買

  中古車探偵アドバンス

  会社概要

  中古車相場情報検索

  地域情報

  RSSリンクの表示

中古車高価買取

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ○ スポンサーサイトの中古車価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの買取価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »スポンサー広告»人気車ランキング »スポンサーサイト

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
スポンサーサイト中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

日産 マーチ K10型

日産 ニッサン 自動車 マーチ 人気 中古車情報検索

初代 K10型(1982年-1991年
1981年10月、第24回東京モーターショーに「NX-018」の名で参考出品。
初代マーチはその荻窪事業所で新車種として最後に開発され世に出た乗用車である。

当初搭載されたマーチのエンジンはMA10S 987cc電子キャブレターECC仕様 (E-K10) 。グレードもE(基本性能に徹したモデル)・L(基本的車種でファミリー若者向実用車)・S(機能、内装の充実を図ったモデル)・G(最上級モデル)の3ドアハッチバック車4種類だけだったが、のちにグレードが充実化され、キャンバストップ車や5ドアハッチバック車、MA10ET 987cc水冷ターボECCSエンジンを搭載した「 マーチターボ」、MA09ERT930cc空冷式インタークーラー、ダブル過給機付きECCSエンジンを搭載し、ビスカスLSD標準装備のモータースポーツに対応したマーチR、そのグランドツーリング版のマーチスーパーターボなどの車種も登場した。

1982年10月にモーターショー発表から長期にわたる1年間のプレキャンペーンの後、発売された。「マーチ」の名称は一般公募により決定した。

日産マーチK10系 中古車相場情報

10年の歳月がマーチを浸透させた


約10年という、日本の量産車としては珍しく、極めて長いモデルライフであった。 当初から、最小限の装備だけを持っていたが、最終型には、パワーウインドウ装着車 (FV) も存在した。


マーチから派生した車種


主な派生車種は、パイクカーの「Be-1」BK10型、MA10Sエンジン搭載・「パオ」PK10型、MA10Sエンジン搭載・「フィガロ」FK10型、MA10ETエンジン搭載や、レーシングフォーミュラーカーの「ザウルスジュニア」NSJ-91型、MA10Eエンジン搭載などが挙げられる。

パイクカーの人気は高く、特にBe-1は中古車市場にリセールした方が、本体購入価格より倍近い値段がつくという事で「財テクカー」と呼ばれた。


マーチの年表


1981年10月30日 - 11月10日
第24回モーターショー(東京都中央区晴海)でFF1000CC乗用車、「NX.018」参考出品。
1981年10月29日 - 1982年1月15日
車名の募集キャンペーンを実施、全国からの応募数は、565万通に及んだ
1982年10月22日
午前11時に東京都中央区銀座にある日産自動車本社にて、K10型マーチの新車発表記者会見が行われた。
1982年10月
K10型マーチ発売。
1983年4月
3ドアハッチバック「マーチG-COLLET」仕様車追加(4MT/3AT車)。
1983年7月
日産50周年記念限定車、マーチ50スペシャルII (TWO) 仕様車を限定2000台で販売。特別装備として、フロントグリルに50周年記念エンブレム、50周年記念専用デザインキー、ドアミラー(電動リモコン式)、ブロンズガラスシールド、専用ボディカラー、アクセント・ピンストライプ、155SR12サイズのラジアルタイヤなどを採用。
1983年9月
5ドアハッチバック新設定、「FT」・「FC」仕様追加(4MT車にはFT・FC、5MT車にはFT、3AT車にはFT・FCが用意された)、3ドアハッチバック車「マーチG-1」仕様新設定(標準装備として後部がチルト、なおかつ脱着可能な2ウエイ式ガラスサンルーフを設定。※5MT車)。
1984年
日産伝統の入門レースカテゴリー、K10型マーチでのワンメークレース「マーチカップ」開催。
1984年2月
5ドアハッチバック車の最上級車種、「FV」仕様車追加(4MT車/5MT車/3AT車)。
1985年2月
マーチマイナーチェンジ。車体の一部変更。「マーチターボ」MA10ETエンジン搭載車を追加 (5MT/3AT) 。コレットの4MT車にスロープストッパーを採用、MT車でも登坂路の坂道発進を容易にする補助装置として、従来のブレーキシステムにプレッシャーホールドバルブを追加設定。MA10Sでは三元触媒に統一。3ドアハッチバック車ではコレット仕様パワーステアリング車を新設定し、S仕様の4MT車・G仕様5MT車・S仕様3AT車が廃止され、5ドアハッチバック車では、FV仕様4MT車・FT仕様5MT車が廃止された。
1986年3月
特別限定車「マーチターボ・ホワイトセレクト (WS)」仕様車発売。
全国限定1500台。特別装備としてボディをホワイトで統一、ブロンズカラーガラスシールド、W・Sマーク入りボディステッカー、W・Sマーク入り3本スポークステアリング、フロントバケットシート、専用フルクロス布地(グレーカラー斜めストライプ)、などを装備。
1986年9月
PUMPS!仕様車の追加。特徴としてメインシート表地の着替え選択が可能。メインシートカラーはシャーベットトーンの7色で前/後席ワンセット分と着替え用の前席分が標準装備で、しかもセパレートタイプ、別売で追加注文が可能、色の組み合わせは無限大に近く、ファスナー固定の上、洗濯可能である。
シートカラーバリエーションは、ハーバーブルー、クレープイエロー、ポーラブルー、シェルピンク、コスモグリーン、パンプキンイエロー、ピーコックブルーがあった。
1986年
全日本ラリー選手権Aクラスに参戦しドライバーズチャンピオンを獲得。
1987年
WRC、サファリーラリーにてNRS(ニッサンラリーサービス)がマーチターボで参戦。
1987年1月
パイクカー第一弾「Be-1」BK10型、MA10Sエンジン搭載車発売。ただし、キャンバストップは3月発売。
1987年8月
マーチ・キャンバストップ」専用仕様車の追加。マーチG-1仕様車の廃止。全車にパワーステアリングをメーカーオプションで拡大設定(L仕様5MT車を除く)。車体色に新色を大量に採用、内装はトリム・シート生地の変更(ターボ仕様車を含む)。MA10ETエンジンは空燃費比最適制御によりEGR装置を廃止。
1987年
全日本ラリー選手権Aクラスに参戦しドライバーズチャンピオンを獲得。
1988年1月
3ドアハッチバック車、i.Z仕様車発売。
パイクカー第2弾、3ドア2ボックス「パオ」PK10型、MA10Sエンジン4MT/3AT搭載車発売。
1988年8月
モータースポーツ活動の対応車種、「マーチR」MA09ERT(930cc)ダブルチャージエンジン搭載、5MT仕様車限定発売。主に国内ラリーで活躍。
1988年
WRC第36回サファリラリーでマーチターボ、JH.ヘイズ/A.Levian組が総合10位A3クラス優勝。
1989年
WRC第2戦、モンテカルロラリーでマーチターボ参戦、ドライバーはP.エクルンド
WRC第4戦、サファリラリーでマーチターボ、L.モーガン/L.マローテ組が女性コンビながら、総合12位、クラス優勝。
WRC第13戦、RACラリーでマーチターボ、P.エクルンド/D.ウィトッグ組で参戦、総合21位、クラス3位。
WRC第6戦、アクロポリスラリー、マーチスーパーターボ、P.エクルンド/B.セデルベルグ組が総合10位、クラス優勝。
MA09ERT搭載のEK10FR型マーチRが全日本ラリー選手権シリーズ優勝(Bクラス1001cc以上1600cc未満クラス)。
WRC第7戦、ラリー・オブ・ニュージーランドでマーチスーパーターボ、P.デビット/W.ジョーンズ組、グループ.N、総合3位、クラス2位獲得。
1989年1月
マイナーチェンジ。5ドアハッチバック車i.Z仕様発売。「マーチスーパーターボ」(E-EK10)5MT/3AT発売。L型5速専用エンジンの廃止。車体の一部変更。コレット・パンプス仕様車にスロープストッパーを標準採用。メーカーオプションとして脱着式ガラスサンルーフの設定をパンプス・コレット・ターボ・スーパーターボに、電動キャンバストップの設定をパンプス・コレット・ターボに、デュアルエキゾーストパイプをRに加え、ターボ・スーパーターボにそれぞれ採用。「マーチ・キャンバストップ」専用仕様車の廃止。
1990年1月
i.Z仕様車一部変更。
1991年
MA10Eエンジン搭載、レーシングフォーミラー車「ザウルスジュニア」登場。ザウルスJrカップ発足。
K10型マーチ、全車種生産終了。
1991年1月
3/5ドアハッチバック車「i.z-f」仕様車発売。
1991年2月
パイクカー第3弾、2ドアオープントップ「フィガロ」FK10型、MA10ETエンジン(987cc)3AT搭載車発売。
1992年1・4月
フルモデルチェンジで3/5ドアK11型マーチへ移行。

日産マーチK10系 中古車相場情報



  ○ 日産 マーチ K10型の中古車価格のお問い合せ
  ○ 日産 マーチ K10型の買取価格のお問い合せ
  ○ 日産 マーチ K10型の修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »日産(ニッサン)自動車 マーチ 中古車情報検索»人気車ランキング »日産 マーチ K10型

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
日産 マーチ K10型中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

トラックバック

http://advance666.blog73.fc2.com/tb.php/91-79566571

-->

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。