日産 マーチ K12型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| スポンサーサイト|日産 マーチ K12型|

メール登録(無料)だけであなたの欲しい中古車をあなたの買いたい価格で探します。神奈川県の綾瀬市、海老名市、厚木市、大和市、藤沢市を中心に店舗型中古車オークション代行として営業しています。自動車修理 自動車板金 自動車事故相談 自動車車検費用 自動車保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許

神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 日産 マーチ K12型|スポンサーサイト|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス|日産 マーチ K12型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 日産 マーチ K12型|日産 マーチ K12型|神奈川県の中古車販売店・査定買取・車検・修理・事故相談|中古車探偵アドバンス| 神奈川県 綾瀬市 厚木市 大和市 藤沢市 東京都 文京区 渋谷区 新宿区 さがみ野 かしわ台 柏ヶ谷 瀬谷 横須賀市 海老名市  自動車修理 事故相談 車検費用 保険費用 中古車オークション代行 中古車探偵 アドバンス 中古車販売店 ディーラー店  自動車 税 自動車免許 神奈川県海老名市 神奈川県横須賀市 神奈川県綾瀬市 日産中古車 三菱自動車 トヨタ中古車 ホンダ中古車オークション代行 神奈川県厚木市 三菱 トヨタ中古車 日産中古車 ホンダ中古車 自動車オークション代行 神奈川県大和市 日産中古車 トヨタ中古車 三菱 ホンダ自動車  中古車オークション代行 神奈川県座間市 トヨタ中古車 日産 自動車 中古車 ホンダ中古車 三菱 オークション代行 神奈川県藤沢市 トヨタ自動車、中古車 ホンダ中古車 三菱 日産中古車オークション代行 神奈川県 横浜市 トヨタ自動車、三菱 ホンダ 神奈川県藤沢市長後  自動車三菱 トヨタ ホンダ自動車、 東京都文京区 トヨタ自動車、三菱、自動車ホンダ 東京都墨田区 三菱自動車ホンダ トヨタ自動車、 東京都渋谷区 自動車トヨタ ホンダ自動車、三菱 東京都港北区 三菱 ホンダ自動車 東京都港南区 ホンダ自動車、三菱トヨタ自動車、 東京都新宿区 ホンダ自動車、トヨタ自動車、三菱

携帯での閲覧はこちら

中古車探偵アドバンスホーム

中古車探偵アドバンス中古車を探す

  中古車売買

  中古車探偵アドバンス

  会社概要

  中古車相場情報検索

  地域情報

  RSSリンクの表示

中古車高価買取

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ○ スポンサーサイトの中古車価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの買取価格のお問い合せ
  ○ スポンサーサイトの修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »スポンサー広告»人気車ランキング »スポンサーサイト

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
スポンサーサイト中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

日産 マーチ K12型


日産 ニッサン 自動車 マーチ 人気 中古車情報検索
2002年マーチフルモデルチェンジ


3代目 K12型(2002年~現行)
2002年2月、2度目のフルモデルチェンジを受ける。ボディ形式は変わらず3ドアと5ドアのハッチバック形式だが、日本市場では2005年のマイナーチェンジを機に、3ドアモデルは廃止され、現在では5ドアのみとなっている。欧州市場ではクーペカブリオレの「マイクラC+C」も発売されており、日本にも2007年7月に導入され1,500台が限定販売されている。

ルノーと共同開発したマーチ


技術面ではルノーと共同開発した「アライアンス・Bプラットフォーム」[9]が初めて採用されたことが最大のトピックである。日本仕様車では新開発の1.0/1.2/1.4LのCR型エンジンを搭載、5速MT/4速ATを組み合わせていた。欧州では1.6Lモデルも存在する。駆動方式はFFに加え、電動式四駆「e-4WD」も用意された。2代目の特徴の一つであったCVTは当初ラインナップされていなかったが、2005年のマイナーチェンジを機に1.5LのHR型エンジン+CVT搭載のモデルが復活した。

優れた燃費マーチ


燃費の向上を目的に、全車に電動式パワーステアリングが採用されているが、パワーアシストの制御が不自然で、ギア比も早すぎるとする評論家もいる。また、通常の走行では問題とならないが、車体の制御が困難になるほどの、横Gが大きくかかるコーナリングを短時間に繰り返した場合、アシストモーターにかかる電流値の合計が急激に増え、フェイルセーフが働き、アシストがオフになる。この場合、復帰までに数分を要する。この一連の動作は同じ部品構成の車種全般に見られる。

カルロス・ゴーン「ええじゃないか!」


くりくりしたヘッドランプとカエルの顔をイメージさせる特徴的なエクステリアデザインは、日本のデザインスタジオで開発された。欧州向け日産車に共通するウイング型のグリルをはじめ、丸くラウンドしたルーフや、わずかに残されたリアノッチ、ショルダー部分のキャッツウォーク形状には2代目の面影を残す。競合車種と比較した場合、全長が短いことや、後ろ下がりのルーフ形状のため、後席居住性やラゲッジスペースは若干劣ることが多い。また、日本仕様車では多彩に用意された個性的な内外装色も特色であり、自動車の優れたカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード」を3度(内グランプリ2度)受賞している。ちなみに、初期型に設定されていた内装色の「シナモン(オレンジ)」は開発段階で微妙だという意見が出たものの、カルロス・ゴーン最高経営責任者の「いいじゃないか!」という一言で市販が決定した。

カルロス・ゴーンCEO着任後初の車種マーチ


カルロス・ゴーンCEO着任後、初めて開発された車種として、その売れ行きには注目が集まったが、発売初年度の日本市場では月販目標台数8,000台を大幅に上回る月平均14,000台を販売し大ヒットとなった。

その後、社内外から競合車が続々と発売されたこともあり、販売実績は低下傾向となった。しかし近年では他社の競合車種がモデルチェンジするたびに車両のサイズを拡大する傾向にあり、特に車幅が5ナンバー枠ぎりぎりの1,690 - 1,695mmとなるものが次々と登場してコンパクト市場においても車幅はコンパクトと言い難い車種が増えている中、車幅枠に余裕のある数少ない車種のひとつとなっていることもあり、発売後4年を経過した2006年現在でも月5,000台程度をコンスタントに売り続けている。


マーチの派生車種


同一プラットフォームを利用する車のほか、リアオーバーハングを延長し、独立したトランクを備えたセダン、「光岡・ビュート」が存在する。ビュートはマーチの3代目移行後も2代目をベースとしたモデルが継続販売されていたが、2005年9月に13年ぶりとなるモデルチェンジを受けた[12]。また、ビュートの妹分として、良質中古車のK12型をベースとしたキュートが存在する。 トミーカイラ「m13」もK11型に続いてK12型もデビューしている。


マーチの受賞暦


2002年10月 - 経済産業省選定グッドデザイン賞を受賞。
2002年11月 - 「パプリカオレンジ×シナモン」の内外装色組合せと5色の外装色(コミュニケーションカラー)が第5回オートカラーアウォードのグランプリを受賞。
2003年7月 - ドイツのレッド・ドット・デザイン賞受賞。
2003年12月 - 外装色「ショコラ」が第6回オートカラーアウォードのファッションカラー賞受賞。
2005年12月 - 「チャイナブルー×アイスブルー」の内外装色組合せが第7回オートカラーアウォードで2度目のグランプリ受賞。
2007年12月 - 「サクラ×カカオ」の内外装色組合せがオートカラーアウォード2008で3度目のグランプリ受賞。同時にオートカラーデザイナーズセレクション・インテリア部門賞も受賞した。

マーチの年表


2001年9月
第59回フランクフルトモーターショーに「マーチmm.e」を出品。
2001年10月
第35回東京モーターショーにプロトタイプ「mm」参考出品。
2002年2月22日
フルモデルチェンジ。販売は3月5日から。月販目標台数は8,000台。
2002年9月5日
電動式4WD「マーチe-4WD」を1.4L車に設定。同時にオーテックジャパンの手による特別仕様車「マーチラフィート」を設定。
2002年9月
モンディアル・ド・ロトモビル(パリサロン)に出品、電動ハードトップを備えたオープンモデル「マーチマイクラC+C」も併せて展示。
2002年11月29日
英国サンダーランド工場で現地生産を開始。
2003年5月8日
日産自動車創立70周年を記念した特別仕様車「マーチ12c 70th」、「マーチ14c-four 70th」を発売。電動格納式リモコンカラードドアミラー、オートライトシステム、リア可倒式シート、ETCユニットなどが装備された。
2003年7月1日
ブラックラジエーターグリル、ブラックアウトヘッドライトなどを採用したスポーティーグレードの「マーチ14s」を追加。シャープのプラズマクラスター技術を搭載する「プラズマクラスターイオンエアコン」をオプション設定(市販車初)。
2003年9月
第60回フランクフルトモーターショーに「マーチマイクラ1.5dCi」を出展。同年10月販売開始。
2003年10月15日
オーテックジャパンの手による特別仕様車「マーチ12SR」を設定。3ドア・5ドアモデル共に設定。チューンアップされ高出力化されたCR12DE型エンジン、専用スポーツサスペンションなどを装備する。
2004年4月23日
マイナーチェンジ。フルーツをイメージした新色を設定したほか、1.0L車を廃止。またフロントシートのホールド性が向上され、12c Bパッケージを除きプラズマクラスターイオンエアコンが全車標準装備とされた。
2004年8月18日
オートライトや分割可倒式リアシートなど、装備を充実させた特別仕様車「マーチVセレクション」を発売。
2004年12月1日
特徴的なヘッドランプ形状をモティーフにしたシート表皮が特徴の特別仕様車「マーチiセレクション」を発売。プライバシーガラスなどが装備された。同時にオーテックジャパンの手によるレトロ調特別仕様車「マーチボレロ」を設定。
2005年4月27日
スウェード調シートクロスを採用した「マーチプレミアムインテリア」を発売。他にオートライトシステムやリア可倒式シートなどが装備された。
2005年6月
電動ハードトップモデル「マーチマイクラC+C」を英国で披露。ドイツのコーチビルダー・カルマン社と共同開発した。
2005年8月25日
マイナーチェンジ。フロントのウインカーランプがクリアーになり、グリルの形状が変更された。テールランプとリアバンパーも形状が変更された。ボディカラーも設定が一部変更された。フロントグリルについても変更されたが、最上級グレードの15GとRX, SRには専用のものが採用された。また、3ドアモデルが廃止され、新たに1.5L HR型エンジン搭載モデルの追加された。3ドアモデル廃止に伴い12SRも5ドアベースに変更を受ける。4ATも型番変更され、MC前の4ATで発生していた1速→2速への変速ショックが改善されている。同時にオーテックジャパンによるSRシリーズに1.5LエンジンにエクストロニックCVTが組み合わされた「SR-A」が追加された。
2005年9月
フランクフルトモーターショーに生産型「マーチマイクラC+C」および「マイクラ160SR」を出展。
2005年11月
欧州市場で「マーチマイクラC+C」を販売開始。
2006年6月1日
コンランショップとのコラボレーションモデル「マーチプラスコンラン」を9月まで限定発売。専用のフロントグリルやシートが装備された。
2006年10月4日
装備充実の「ワンタッチコレクション」、「ワンタッチコレクションプラスナビ」を設定。インテリジェントキーやリア可倒式シート、プライバシーガラスなどが装備された。
2007年6月5日
マイナーチェンジ。これまでフロントグリルに設置されていたウインカーランプがヘッドライト内に移動された。この変更により、ボレロはヘッドライトとウインカーランプが別になっていたため、フロントバンパーの穴に丸型のウインカーランプが装着されていたが、後期型はかつてのウインカー用の穴はフタで塞がれている。ちなみに顔のデザインはこのマイナーチェンジで変更された。また、フロントバンパーについては中期型の上級グレードに装着されていたものに統一された。内外装に新色を設定。同時に特別仕様車「Plus navi HDD」発売。
2007年7月23日
マイクラC+Cを日本で1500台限定販売(1月に導入発表)。なお、このモデルのみ、日本でも「マーチ」ではなく「マイクラ」を名乗る。
2007年10月9日
マーチ誕生25周年を記念して、過去の人気色「ショコラ」「パプリカオレンジ」とインターネットのアンケート投票で一番人気だった「アクアブルー」を採用した「12E/14E FOUR リミテッドカラー」をインターネット予約販売で各色250台限り限定復刻。
2007年11月8日
誕生25周年記念特別仕様車「マーチ25th Happiness(ニーゴー ハピネス」、「マーチPlus Safety」、「マーチKISEKAE」を発売。「マーチ25th Happiness」にはオートライトシステムなどが、「マーチPlus Safety」には各種安全装備が、「マーチKISEKAE」には2種類の専用シートカバー、専用フィニッシャー、専用キッキングプレートなどが装備された。
2008年5月27日
特別仕様車「マーチ12E/14E FOUR Plus navi HDD SP」と「マーチ12S/14S FOUR コレット」を期間限定発売。後者は購入でカーボンオフセット活動に参加したとみなされる特典が付く。
2009年5月12日
「12S」、「14S FOUR」をベースに、リヤ可倒式シート、プライバシーガラスを標準装備し、オーディオレス仕様としたことでお買い得価格に設定した特別仕様車「12S/14S FOUR コレット♯(シャープ)」を発売。同時にボディカラーの新色に「クリスタルライラックチタンパールメタリック」を設定(12Bを除く)し、「12E/14E FOUR/15E」にはスクエアインテリアパッケージの装備(スクエアインテリアシート、助手席シートアンダートレイ、助手席シートバックポケット)が標準化された。



  ○ 日産 マーチ K12型の中古車価格のお問い合せ
  ○ 日産 マーチ K12型の買取価格のお問い合せ
  ○ 日産 マーチ K12型の修理・事故相談に関するお問い合せ

ホーム »日産(ニッサン)自動車 マーチ 中古車情報検索»人気車ランキング »日産 マーチ K12型

中古車販売情報検索   中古車下取り・買取情報検索   中古車探偵アドバンス資料請求
日産 マーチ K12型中古車相場情報
中古車を探す(無料)」からカンタンに調べられます

トラックバック

http://advance666.blog73.fc2.com/tb.php/93-c877b7e7

-->

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。